無料留学概算お見積り

滞在期間

通学期間

出発時期

どの銀行が安い?海外送金手数料の比較

海外送金を行うためには銀行手数料がかかります。銀行手数料は銀行によって異なるので、安い手数料の銀行を知って、留学費用をうかせましょう!

銀行によって異なる海外送金手数料

銀行の海外送金の手数料って高いと感じませんか?

実はこの手数料は銀行によって違いがあります。

長期で留学をする際にこの海外送金は少なくとも1回は行うことになるでしょう。

1回は留学の初期費用を留学エージェントに振り込む場合。

これは日本のエージェントに依頼している場合は、日本の口座に振り込むことになるため、必要ありません。

→日本のエージェントに日本円で送金する際の注意点

そして1回はカナダ到着後に生活費を送金する時に行う場合です。

こちらが多くの方行う海外送金になると思います。

→カナダ留学生活費海外送金方法

そこでかかってくるのが海外送金手数料。

安い手数料と高い手数料を比較すると5,000円以上異なります。

2回送金をすれば10,000円も変わってしまうため、どの銀行で海外送金すべきか下調べをしておきましょう。

海外送金手数料比較

それでは早速海外送金の手数料を表でまとめました。

銀行名 窓口海外送金手数料 ネット海外送金手数料
みずほ銀行

8,000円

=5,500円(送金手数料)+2,500円(コルレス手数料)

海外送金不可
三井住友銀行

6,500円

=4,000円(送金手数料)+2,500円(関係銀行手数料)

海外送金不可
三菱東京UFJ銀行

4,500円(口座引落し)

/5,500円(現金扱い)

3,000円
ゆうちょ銀行 2,500円(送金手数料) 海外送金不可
楽天銀行 窓口対応不可

1,750円

=750円(送金手数料)+1,000円(海外中継銀行手数料)

セブン銀行 窓口対応不可 6,500円(送金手数料)
新生銀行 4,000円(送金手数料) 2,000円(送金手数料)
ソニー銀行 窓口対応不可

6,000円

=3,000円(送金手数料)+3,000円(支払銀行手数料)

シティバンク銀行

4,000円

=2,000円(送金手数料)+2,000円(電信料)

3,500円

=1,500円(送金手数料)+2,000円(電信料)

海外送金の手数料比較をご覧いただいています。

最も安いのは楽天銀行が安く、次に新生銀行が安いですね。

窓口での対応が良い場合には、ゆうちょ銀行がお得なようです。

エージェントなどに料金を支払うために、海外送金をする場合はゆうちょ銀行で良いかもしれませんね。

ゆうちょ銀行はゆうちょ銀行に口座を持っていなくても、窓口で海外送金をすることができます。

注意点は口座間送金ではないため、現段階でもマイナンバーが必要となります。

海外送金を行う際には、マイナンバーも忘れずに持っていきましょう。

間違った銀行を選ばないために

冒頭にもお伝えしたとおり、海外送金の手数料は銀行によって大きく異なります。

海外送金は長期留学を行う場合には必須のため、日本にいる間にしっかり準備をしておきましょう。

カナダに行った後ご自身で海外送金を行うためには、日本の銀行の口座を作らなければなりません。

また口座の情報も登録しなければならないため、どのように登録をするのかも調べておきましょう。

→3大メガバンクの海外送金方法

COPYRIGHT©2017 フカフカ留学 AllRights Reserved.