無料留学概算お見積り

滞在期間

通学期間

出発時期

留学出発前までに必要な留学費用

留学のための費用について。留学にかかる費用がどのくらいなのか事前に知っておくことで、留学にかかる費用を準備できるようにしましょう。本気の留学には本気で準備が必要です!

留学に行かない理由はなぜ?

以前の記事でも記載しましたが、大学生、大学院生、専門学生の中で留学に行く人間はわずか2.3%です。

留学に行かない理由としては下記の回答が最も多く回答得た答えでした。

・帰国後留年する可能性が大きい

・経済的問題で断念する場合が多い

・帰国後の単位認定が困難

※国立大学協会国際交流委員会留学制度の改善に関するワーキング・グループが、各国立大学に対して留学制度の改善に関するアンケートを実施

以前の記事では留年するということについて、就職活動の中で留学をどのようにアピールするかということをお伝えしました。

就職活動でアピールすべき留学の中身

今回は留学の断念する理由の2番目にある経済的問題についてお話をします。

留学費用の相場

以前の記事でもご紹介をしましたが、現在留学をする大学生、大学院生、専門学生はおよそ85,000人。

ただ、その中で短期の留学生の割合を見てみると、1ヶ月未満の留学生の人数は約48,800人。

つまり57.4%の人が1ヶ月未満の留学というデータが出ています。

1ヶ月以内の留学でかかる費用というのはいったいどの程度なのでしょうか。

これはあくまでカナダの短期留学で出す概算の費用なので一概には言えませんがおおよそ50万円です。

この50万円には学費、1ヶ月分の食費、滞在費、交通費、往復の航空券代、保険代が含まれています。

つまり、50万円あれば留学に行って帰ってくるだけの十分なお金であるということです。

さて、ここでこの50万円という金額は「経済的問題で断念する」のかどうかということが問題です。

50万円という金額だけを見るとすごい金額に見えるでしょう。

特に大学生からすれば50万円という買い物をすることはほとんどないと思います。

ただ絶対に貯められない金額かというと、そうではありません。

月々4万円の貯金であれば1年間で貯められます。

アルバイトをして全額貯蓄にまわすというのは難しいにしても、4万円であれば不可能な金額ではないでしょう。

本当に留学をしたいと考えるのであれば、この金額を前もって準備することはそこまで難しいことではありません。

経済的問題という名の準備不足

本当に留学を考えているのであれば前もって準備をしておく必要がありそうですね。

まずは自分が希望する留学をするためにはどのくらいの費用が必要なのか。

頂上の高さを知らないまま、山登りを始める人はいません。

貯めたい金額もわからずに、お金を貯め始めてもすぐに挫折をしてしまいます。

まずは留学するためにどのくらいのお金が必要なのかを理解しましょう。

学費 生活費 往復航空券 海外保険代 合計
1ヶ月 15万円 10万円 15万円 2万円 42万円
2ヶ月 30万円 20万円 15万円 4万円 69万円
3ヶ月 45万円 30万円 15万円 6万円 96万円
4ヶ月 55万円 40万円 15万円 8万円 118万円
5ヶ月 70万円 50万円 15万円 10万円 145万円
6ヶ月 85万円 60万円 15万円 12万円 172万円
1年 45万円 30万円 15万円 20万円 110万円

※1年の留学の場合はワーキングホリデービザを使用し、語学学校3ヶ月の場合と仮定しています。

留学の費用は滞在期間、通学期間によって費用が異なります。

6ヶ月滞在しても、3ヶ月しか語学学校に通わなければ費用は違ってきます。

また語学学校は長期間就学すると、その分割引があります。

そのため、1ヶ月だけ語学学校へ通う場合と、6ヶ月語学学校に通う場合とでは1ヶ月あたりの料金が異なります。

ご自身の予算から留学期間を決められる方もいると思います。

また目的によって留学期間は変わってきます。

英語をビジネス現場でも使えるようになりたいという方が1ヶ月ではなかなか留学の結果を出すのは難しくなります。

つまり目的によって留学期間が決まってきます。

留学期間を決めて、どれだけのお金が必要なのか確認しましょう。

留学をするために必要なこと

留学をするためには、お金が必要です。

ただ留学は準備をしっかり行うことで、留学は行なえます。

どのくらい留学をしたいのか、本気度によって準備も変わってきます。

お金がないから留学をしない、というのはもちろん仕方のないことです。

しかし、準備を行う前にあきらめてしまうのももったいないことです。

前もってしっかり準備をすることで、お金の問題はクリアできることが多いです。

細かい費用についてはお見積をお送りすることも可能です。

いくら留学に必要なのか、明確にして準備をしていきましょう。

COPYRIGHT©2017 フカフカ留学 AllRights Reserved.