無料留学概算お見積り

滞在期間

通学期間

出発時期

いい部屋探しのために実践しておきたいこと3つ

日本でもカナダでもできるだけいい部屋に住みたいものですよね。 しかし、日本でも家探しをしたことがないという方もいるかもしれません。 家探しをする時のコツをお伝えするので、参考にしてみてください。

1.相場を調べる

まずはここからスタートしましょう。

どこに住むにでも絶対に必要なため、覚えておいてください。

相場を知ることで、後々部屋を見た時の優劣をつけやすくなります。

相場を調べるのは非常に簡単です。

家を借りたいと思っているエリアの物件情報をひたすら見ていくことです。

中には写真などがない場合もありますが、できるだけ写真が多い物件をサイトで見ていき、相場観をつけてください。

例えばダウンタウンのシェアハウスならこのくらいの値段、ダウンタウンからこのくらい離れるとこのくらいの値段というエリアの相場。

また、部屋の広さやきれいさなども見ておきたいため、できるだけ写真を見ながら相場を調べていきましょう。

サイトは下記のサイトを参考にしてください。

モントリオールクレイグスリスト

モントリオールパドマッパー

他の都市のサイト探す場合には「都市名」「craigslist」あるいは「padmapper」と入れて検索してください。

地図を見ながら、住んでみたい場所を探し、そのエリアの相場を見てみてください。

2.家を内見する

当たり前の話ですが、相場がわかってきて、気になる家が見つかったら、家を内見しに行きます。

内見は直接オーナーにメールや電話をして、アポイントを取って内見をします。

さて、ここからがこの記事の重要な部分になりますので見逃さないように。

まず、アポイントを取るのは自分のあまり興味がなさそうな物件からアポイントを取りましょう。

いきなり、自分の気になる物件を見ても、他の物件を見ていないと、即決めというのはなかなかできません。

いい物件があったときにすぐに決めるためにも、物件はいくつかまわっておくことをおすすめします。

そこで、重要なのが自分の気になる物件は後で見て、実際に自分が気になった物件がどういった物件なのかというのを見て回りましょう。

やはり3件くらい見ないとなかなか決められないと思います。

本命は最後に取っておいて、まずは本命以外をじっくりと見て、最終的に本命と比べましょう。

もし、本命が良ければ即決をして、取られないようにしておかなければなりませんし、本命以外の物件のほうがよければ、すぐに再度連絡をして、物件を抑えましょう。

3.連絡はすぐに

良い家は他の人が見ても良い家であるため、すぐに連絡をして埋まらないようにしなければなりません。

本命の物件を1週間後の内見、としてしまうと1週間の間に決まってしまう可能性もあります。

できるだけ早めに物件の内見をできるようにしましょう。

ですので、2〜3日のうちに物件をすべて内見できるように、予定はあけておきましょう。

1日のうちに物件をすべて見て、その中で決められるようにしておくと良いです。

理想は探し始めてから3〜4日以内に決められるのがベストですね。

夏と冬ですと、夏は家探しをしている人が多いため、いい物件はすぐに埋まってしまいます。

いいなと思った物件は、すぐに連絡をとるようにしましょう。

まとめ

1.相場を調べ、2.内見をできるだけ早くして、3.連絡をすぐにとる。

物件探しはスピード勝負です。

長期間住む家は、留学生活を成功させる上でも重要な要素です。

いい部屋を見つけられるように最大限努力をしましょう。

COPYRIGHT©2017 フカフカ留学 AllRights Reserved.