無料留学概算お見積り

滞在期間

通学期間

出発時期

カナダ留学 留学中にできる仕事

ワーキングホリデービザで仕事ができる。 でもどういった仕事があるんだろう?そもそもどうやって仕事を探すんだろう? なかなかイメージが湧きにくいものだと思いますので、下記の仕事探しの方法や、仕事の種類を参考にしてください。

ワーキングホリデービザの条件

まず知っておきたいことは、ビザについてです。

カナダではワーキングホリデービザがなければ働くことができません。

学生ビザや観光ビザの間は一切働くことができませんのでご注意ください。

ビザの種類について 学生ビザ、観光ビザで就労する裏ワザ ワーキングホリデービザで入国したその日から働くことは可能です。

ただし日本から仕事決めて渡航することはできないので、カナダに到着した後に仕事を決めましょう。

語学学校に通う方は、語学学校通学中に仕事探しをして卒業と同時に働き始めることができるように準備をしておくと良いでしょう。

ワーキングホリデービザは1年間しかありません。

できるだけ就労できる期間を長くするために仕事探しにかける時間は短くしましょう。

飲食関係

では実際にどのような仕事があるのでしょうか?

最も多いのは飲食関係のお店でのアルバイトです。

レストラン、カフェ、パブなどのお店で働くワーホリの方が多いです。

レストランやパブではお給料とは別にチップの収入もあります。

クリスマスシーズンのようなお客さんが多い時期に仕事に入ると、チップだけで1日100ドル以上もらえることもあります。

<日本食レストラン>

英語をあまり話せない方は日本食レストランなどでのキッチンが多いです。

ただそのようなバイト先で働いてしまうと、日本でバイトをするのとほとんど変わりません。

日本人環境の中で仕事をしますし、友達も日本人しかできなくなってしまいます。

日本食レストランで働く場合には、他の英語環境の仕事と掛け持ちしつつすることをおすすめします。

キッチンの場合は面接は日本語でされることが多いですが、サーバーと呼ばれるウェイターのポジションの場合は英語で面接されることが多いです。

<カフェ>

バンクーバーにはカフェがとてつもなくたくさんあります。

お店として大きくないところが多いので、お昼時は2人や3人、開店前のシフトですと1人でお店の準備をしてということも多いです。

注文を聞いて品物を出すという単純な作業ですが、お客さんからコミュニケーションを求めてくることが多いため、ある程度英語を話せなければ雇ってもらうことはできません。

さらにチェーン店などのカフェはなかなか雇ってもらえないことが実情です。

バリスタの経験がある方などを優先的に雇い入れているので、まったく経験がない方が応募をしても難しいです。

どうしてもカフェで働きたいということであれば、日本でカフェのアルバイトをしてから渡航されたほうが仕事は見つけやすいです。

ちなみにスターバックスの名前は強いので、日本ではスタバで働いておくと良いですよ。

<レストラン>

日本食レストランではなく、通常の英語環境のレストランだと思ってください。

日本食レストラン同様キッチンとサーバーのポジションがあります。

英語のレベルが足りない方はキッチンのポジションになる事が多いです。

ただ、中華料理、韓国料理、タイ料理などアジアンフードのお店であればある程度英語を話せればサーバーでお客さんと接客することもあります。

実際に働くとなると英語力が問題で「自分には無理だ」と思われるかもしれませんが、 こういった場所で英語を使うことで初めて英語を学ぶことができます。

実際にその場で使っている英語を自分で理解するわけですから、フレーズも使えるようになりますし、度胸もついていきます。

<パブ>

日本で言うと居酒屋です。

お酒を扱うので資格などを持っておいたほうが良いですが、意外と簡単に取れます。

ポジションはバーテンダーとサーバーです。

こちらもできるだけお酒を今まで作ったことがあるなどの経験者のほうが良いです。

深夜遅くまでやっているお店は多くないので、比較的夜は早く帰れます。

美容関係

現在バンクーバーの日系美容室は非常に増えています。

美容師さんの場合は、カナダに移民しやすいということもメリットの一つです。

最初はアシスタントから始まり、徐々にポジションが上がっていきます。

レストラン同様チップがあるのでその分もお給料に上乗せされます。

<マッサージ師>

マッサージ師の仕事もバンクーバーでは非常に多いため、人気の職業です。

ただし女性の場合は肉体労働ですのでかなり仕事的には大変です。

完全歩合制のお店もあれば時給制のお店もあります。

スパなどの高級店で働く場合には、経験がないと難しいのでご注意ください。

<ネイリスト>

ネイリストとしての仕事もありますが、美容師やマッサージ師に比べると求人は非常に少ないです。

ただ求人はあるので根気よく探してみてください。

観光関係

<ホテル>

ホテルは自分で応募をしても難しいですが、学校などのプログラムやインターンシップなどを使って働くことができます。

最初はハウスキーピングからのスタートとなることが多いですが、その後ポジションが変わっていきます。

フランス語をしっかり話せる方は、レセプショニストやホテルのレストランなどで働くことができますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

<旅行代理店>

日系の旅行代理店などもいくつかあるため、そういったところへ直接出向いて応募をするのも一つです。

カナディアンのお店のオフィスワークはかなり難しいですがフランス語に自信のある方は挑戦してみてください。

<おみやげ屋>

小売店などで働くことはそう難しくなく、レジ打ちや品出しなど日本の小売店と同様の仕事となります。

日系のおみやげ屋さんもたくさんありますので、海外のお客さんと日本からのお客さんと調度良いバランスで英語を使いながら仕事をすることもできます。

その他業界

その他の求人が多い仕事をご紹介します。

大工、庭師、車の洗車、工場スタッフ、ベビーシッター、送迎ドライバー、語学学校カウンセラーアシスタント、留学カウンセラー、家庭教師など

その他気になる職業がある場合はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

COPYRIGHT©2017 フカフカ留学 AllRights Reserved.