Placeholder image

無料留学概算お見積り

滞在期間

通学期間

出発時期

留学にかかる費用って気になりますよね。
あなたは理解してる?留学にかかる費用!

留学費用とは?

留学にかかる費用ってどのくらい?費用によっては留学ができる、できないに関わる大事なこと。
でも実際留学にかかる費用ってブラックボックスみたいでわかりづらい。そこで!簡単にわかる留学費用の概算をあなたにお伝えします!あなたの留学がいくらかかるのか、おおよその金額を知りましょう!

留学費用で大きくかかる費用は4つ!

留学の費用で主なものは「学費」「生活費」「航空券」「保険代」の4つです。 この4つの費用がいくらなのかがわかれば、おおよその留学の費用は見当がつきます。 この基本の4つをおさえて、留学するまでにいくら貯めないといけないかを知っておきましょう。 エージェントに支払う費用としては、語学学校に通学する全期間分の学費、1ヶ月のホームステイ費用のみとなります。 エージェントによっては、航空券や保険代なども一緒に請求することもありますが、自身で見つけたほうが安いこともありますので気をつけましょう。

エージェント使用するのは損?

留学エージェントを使って留学をしようと思うと、どうしてもお金が高くなるというイメージはありませんか? しかし、これって実は間違いなんです!! 実は語学学校の学費は、エージェントを通して申込みをしても、自分ですべて手配をしても、料金は変わりません。 またホームステイの費用についてはエージェントのほうが安いことのほうが多いです。英語が堪能で、学校に申し込みをするのも英語で苦労をしないという方はあえてエージェントを使わないというのも良いでしょう。しかし、英語で申し込みをするのが不安だ、英語でメールを送るのが大変そうと思う方はエージェントに任せても料金は変わりません。お金が変わらないのであれば、面倒なことはエージェントに任せてしまったほうが良いですよね! ただし、エージェントに任せる場合でも一点だけ気をつけなければいけない点があります。

大敵!勝手に取られるサポート料!

留学エージェントを使って留学の手配をする場合に、気をつけるべき点があります。それは「サポート料」「手配料」と言われる名目でお金を請求される場合です。 特にバンクーバーやトロントなどの大都市へ留学する際に、このような費用を請求された場合は気をつけましょう。 このサポート料というのは、日本での留学プランを決めるための相談料や、現地で何かあったときのためのサポート料として徴収されます。しかし、よほどのことがない限りサポートを依頼することはありません。なぜなら、周りには自分よりも長く生活している留学生がいますし、大きなトラブルを抱えるということもほとんどありません。 その費用に多いところで10万円以上もの費用を出すのはもったいないです。もちろん何かあったときのために安心料として、サポート料を支払うというのであれば止めません。

しかし、無料サポートと謳って留学生を受け入れているエージェントも数多くあります。 もしこの費用を知らない間に請求されるようであれば、一度他のエージェントと相見積を取られることをおすすめします。 エージェントの利益はどこから? ではいったいエージェントはどこから利益を得ているのでしょうか? 留学エージェントの利益は主に学校からの紹介料となります。 語学学校に留学生を紹介すると、語学学校からコミッションがもらえるようになっています。 ですのでサポート料や手配料といってお金を取らずとも、留学エージェントは利益を出すことができるようになっています。 つまり、サポート料などを取っているエージェントは二重で利益を上げる仕組みになっており、それだけ多くのお金を得ていることになります。

それでは実際にかかる4つの費用の詳細を見ていきましょう! それぞれの費用はどんな点に気をつければよいのか、そしてどのくらいの費用がかかるのか確認をしてください。

カナダ留学トータルでかかる費用

カナダの留学でかかるトータルの費用の計算方法などを確認しましょう。 留学費用は「学費」「生活費」「航空券」「保険代」の4つの合計で計算できます。何ヶ月学校に 通うのか、どのくらいの期間滞在するのか、でおおよその費用はわかります。学校に通っている期間は 生活費も稼ぐことができませんが、ワーホリビザであれば学校卒業後働くことができます。 就労による収入はかかり生活費よりも多く稼げるので、学校卒業の生活費は日本で準備しなくても 大丈夫です。学費、学校を卒業するまでの生活費、航空券、保険代を計算して、今の貯金額から あとどのくらい必要なのか計算しましょう。

留学費用 学費編

学費はおおよそ15万円/月かかります。 しかし、長期で通えば通うほど長期通学の割引もあります。 ここではおおよそいくらという金額ではありますが、通学期間を決めればおおよその金額を算出できる ので参考にしてください。 また学費の内訳を記載しているので、何にどのくらいかかるのかも見ておくと良いですよ!

留学費用 生活費編

生活費はおおよそ10万円/月かかります。 生活費は語学学校通学期間中のみ計算をしておけば問題ないでしょう。 食事に関しては自炊をした場合を記載しているので、外食が増えるともっとお金はかかります。 ここでは家賃の相場、月々の食費、交通費などをご紹介しています。 外食についてはチップなども含めた金額もお伝えしているので、確認してくださいね!

留学費用 航空券編

航空券は往復の金額で約15万円です。 ただし、いつ行くのかというシーズンの金額と、いつ購入するのかという出発日までの期間によって 費用は異なります。 航空券は330日前から購入することができるので、早めに買って安い席をおさえましょう。 そのためには学校を決めて、ビザを取得して、出発日を決めなければなりません。まずは留学プランを 決めて、一番最後に航空券を購入する手順を踏むと良いですよ!

留学費用 保険代編

海外保険は約2万円/月かかります。 滞在月数分の費用がかかるので、あらかじめ計算にいれておきましょうね。 意外とかかる海外保険費用。 保険は必ず加入する必要があるので、お金がないから加入しないで留学するということはできません。 これも大事なお金なので計算にいれておきましょう。

カナダ留学費用の節約方法

カナダの留学をできるだけ安く。留学費用を節約する方法をご紹介いたします。 削れるところは削り、できるだけ安い留学プランをご希望の方は必見です! 留学費用は最も気になるものの一つですよね。 留学にどれくらいかかるのか、どうやったら安くなるのかを確認しましょう。 よくわからないお金は支払わない、というスタンスでしっかり中身を確認していくことが大事ですよ! それが結果的に留学費用を抑えることにつながります。

何か疑問なこと、当社であればどのくらいの費用になるのか気になるようであればぜひご相談をしてください。
まずはご予算などを聞きながら、留学プランをご紹介してまいります。
ご相談はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせはコチラ

COPYRIGHT©2017 フカフカ留学 AllRights Reserved.