Placeholder image

無料留学概算お見積り

滞在期間

通学期間

出発時期

都市ごとにできることは異なる!?
テキトーに決めない都市選び!

留学先都市とは?

留学先都市は悩みどころ。英語ができないし、バンクーバー?日本人が少ないからトロント? そんな単純に決めて後で後悔しないで!都市ごとにやれることも異なるため、後でやりたいことができるように都市を選ぼう! できることから選ぶ。留学先の都市って実は留学を行うにおいてとっても大切です。しかし、この留学先の都市を安易に決めてしまっている人も 少なからずいます。目に見える特徴だけで選んでしまっていることが多いのです。 例えば、日本人が多いからバンクーバーは避けたい、寒い土地は苦手だからトロントはやめとこう。でも、これって原因は情報量不足。 その都市はどんな都市で、どんなことができるのか、逆にできないのかを知らないから表面上の情報だけで選択してしまっています。 そこで今回は、都市の特徴ではなく、その都市でできること・やってみたいことから選べるような情報をご用意しました。 留学してから、「これをやりたかったけどできなかった」なんてことにならないように、都市選びは慎重に!

目的別都市選び

語学学校をたくさんの選択肢から選びたい(バンクーバー/トロント)

語学学校は数多くの選択肢の中から選んだほうが、よりあなたにあった学校を見つけられます。 バンクーバーやトロントは留学生も多く、その分語学学校がたくさん。そのため、スピーキングを重視したい!小規模の雰囲気のいい学校を選びたい!などニーズにあう学校を見つけられますよ! 逆に、他の都市はどうしても語学学校の数が極端に少なくなります。 3校や4校しかない中から選ばなければならない、というような都市もあります。 もともとは日本人が少ない都市でも、学校数が少ないと学校に日本人が集中してしまい、学校には日本人が多数ということもあり得ます。 気をつけましょう。

インターンシップをやりたい(バンクーバー)

インターンシップをすることはどこの都市でも可能です。 しかし、バンクーバー以外の都市になると極端に難易度があがります。トロントにはインターンシップを紹介してくれる語学学校がありますが、それでも紹介できるインターンシップ先は職種が限られています。バンクーバーはインターンシップの専門学校があるため、空港でのインターンシップや証券、銀行など金融関係のインターンシップなど英語環境のインターンシップを行えます。 老舗の学校なので、信頼性も強く、語学学校を卒業した留学生も、インターンシップ専門学校に入学し、英語環境でインターンシップを行っています。 バンクーバー以外の都市であれば、主に自分で探すことが必要になります。学生向けにインターンシップを紹介している会社などもありますが、そういった会社は日本語のサービスはなく、すべて英語でやりとりが必要です。 そういったことも含め留学と割り切れれば、苦労してでもインターンシップを行う価値はありますが、日本語のサービスを希望する方はバンクーバーがおすすめです。

英語を学びたい(バンクーバー/トロント/カルガリー/ビクトリア/モントリオール)

英語を学べる都市はたくさんあります。 どの都市でも英語の授業を行っている語学学校はありますし、ほとんどの都市で公用語となっています。 唯一モントリオールはフランス語圏ですが、語学学校もあり英語を勉強できるため、英語を学ぶことは可能です。 ただどのくらいのレベルまで英語を上達させたいかということも考える必要はありそうですね。

フランス語を学びたい(モントリオール/ケベックシティ)

カナダでフランス語が話されている地域はかなり限定されます。 カナダ全土でもフランス語は公用語として指定されていますが、ほとんどの場所では英語が一般的なコミュニケーションツールです。 フランス語はケベック州で主に話されているので、ケベック州の都市に行くことをおすすめします。 ケベック州で有名な都市といえば、モントリオール。 モントリオールはカナダでも人口の多さで言えば、トロントに次いで2番。都市もフランス文化が強く残っているため、フランス語を勉強したい方にはぴったりです。 また、より上級の都市はケベックシティ。モントリオールは英語も比較的通じる人達が多い都市ですが、ケベックシティはほとんどフランス語だけで会話をしています。そのため英語を話せない人達も多く、フランス語上級者向けの都市となっています。

TOEICのスコアを上げたい(バンクーバー)

TOEICのスコアを上げたいとなると、バンクーバーがおすすめです。 もちろん他の都市でもスコアアップを目指すことはできます。 しかし、バンクーバーのメリットは、TOEIC専門学校があるため、短期間で大幅なスコアアップを見込めることです。 トロントやモントリオールにもTOEICを勉強できるクラスがある語学学校もありますが、バンクーバーに比べると効率が悪いかもしれません。 TOEICのスコアを高得点狙いたいという方には、バンクーバーを選ぶのが良いでしょう。

ホテルで働きたい(カルガリー/バンクーバー)

ホテルでの就労を希望される方もいるかと思います。 住み込みのバイトとなりますので、家賃も安く、働いている従業員も日本人以外の人達が多いため、英語の練習にもなります。 またリゾートバイトに近いので、冬はスノボなどのウインタースポーツ、夏も観光地として楽しく過ごすことができるのも特徴です。 主にはバンフやウィスラーなどの観光地で働くことになりますが、それらの都市のホテルはバンクーバーやカルガリーで見つけることができます。バンフやウィスラーは語学学校もほとんどないため、最初から行く都市には向きません。 ですので、一度バンクーバーやカルガリーに住んだ後で、移動するというのが良いですね。

職はできるだけたくさんの選択肢から選びたい(バンクーバー/トロント)

これは人口が多い都市のほうがより仕事は見つけやすいという単純な理由です。 働きたい職業のお店もたくさんありますし、なにより職業も数多くの種類があります。 日本人留学生が働いているところのほうが、次の日本人を雇い入れやすいということもあるため、トロントやバンクーバーをおすすめします。

永住権を取得したい(バンクーバー/ビクトリア/ウィニペグ)

もしもあなたがカナダの永住権を取得したいと考えているのであれば、留学先の都市によって大きく状況が変わってくるので注意してください。 カナダには国が審査する永住権と、州が審査する永住権があります。 どちらも難しい審査にはなりますが、州が審査する永住権は州によっては基準がゆるいところがあります。例えば、ウィニペグがあるマニトバ州などは、1年間就労するという条件をクリアすると永住権の申請が可能であったりします。 逆にトロントがあるオンタリオ州は州の基準は非常に難しいため、トロントでの永住権の取得は目指すべきではありません。 州の審査で永住権が取れれば、その後カナダのどの都市に移動しても問題ないため、留学先の都市は慎重に決めてください。

留学先の都市を決めるにあたってこうやって都市の紹介をしていくと、バンクーバーやトロントがおすすめというのがなんとなくわかるのでは ないでしょうか。特に日本人が多いバンクーバーは日本人向けのサービスも非常に多いのが特徴です。日本人留学生が抱える問題を解決するための ツールが多く、そのために日本人留学生のかゆいところに手が届くサービスが多いのも事実なのです。日本人が多いからと言ってバンクーバーを避けて しまうと、たしかに英語を使う機会は増えるかもしれません。しかし、それは結果的にあなたの今回の留学の目的にあうのかどうかということが 大切になってきます。

日本人が多い環境の中でも英語力を上げられるのであれば、バンクーバーで勉強をしたほうが留学としては成功です。 目的のためにどの手段を選択するか。これはとっても大切なことなので、よくよく検討して留学先の都市を決めてみてくださいね。

特徴別都市選び

モントリオール

モントリオールってどんな街? モントリオールの1年の気候 ビデオで紹介するモントリオール

カナダの東側、ケベック州にある都市。フランス系カナダ人がを中心にしたヨーロッパ系住民が大半を 占めています。フランス文化が強く残っていて、教会が多かったり、石造りの住宅街が特徴です。 北米のパリとも言われている、おしゃれな都市、それがモントリオール。

ケベックシティ

ケベックシティってどんな街? ケベックシティの1年の気候 ビデオで紹介するケベックシティ

カナダの東側、ケベック州にある都市で、州都でもあります。公用語はフランス語で多くの人がフランス 語を第一言語としています。英語を話せない人達もいるのも特徴です。 要塞都市でもあり、城を中心として城下町が広がっていて、趣のある都市となっています。

バンクーバー

バンクーバーってどんな街? バンクーバーの1年の気候 バンクーバーの1人暮らし体験

カナダ西側、BC州にある都市。留学生から絶大な人気を誇る街として有名です。 日本からも行きやすく、気候もカナダの中では過ごしやすい気候です。 住みやすい都市世界1位にも輝いたことのある、英語初心者でも楽しめる都市です。

トロント

トロントってどんな街? トロントの1年の気候

カナダの東側にあるオンタリオ州に属する都市です。カナダの中でも最大都市で人口は約600万人。 リトルニューヨークとも言われ、都市の街並みはニューヨークのよう。またアメリカのプロスポーツの チームも所属するカナダ唯一の都市です。日本人は比較的少なく、ダウンタウンも広いため、 日本人に会うことはあまりありません。

ビクトリア

ビクトリアってどんな街? ビクトリアの1年の気候

カナダ西部、BC州にある都市で、BC州の州都でもあります。バンクーバーと同じ気候帯で、冬も比較的 温かい都市。そのため、リタイアした人達に人気の田舎の都市となっています。 自然も豊かで、花も有名。小さい街ですので、ゆったりと生活する方におすすめです。

カルガリー

カルガリーってどんな街? カルガリーの1年の気候

カナダ西部、ロッキー山脈の東側に位置する都市です。高地にある都市で海抜1,000mととても めずらしい都市でもあります。街並みは意外と都会で、人口も比較的多めの都市。 日本人留学生は少ないため、日本人と一緒に生活したくない人にはおすすめかも。

その他都市

カナダには上記以外にもたくさんの都市があります。 語学学校には通わなくていい、とにかく日本人がゼロの都市に行きたい、めちゃくちゃ田舎を希望、毎日オーロラを見て過ごしたい。 その他ご希望がございましたら、遠慮なくお問合わせください。

その他都市一例

  • ケロウナ
  • プリンスジョージ
  • ウィニペグ
  • バンフ
  • オタワ
  • ウィスラー
  • プリンスエドワード島

以上留学先の都市のご紹介を行ってきました。 都市を選ぶのはとっても難しいことですよね。 本当にこの都市でいいのかな、最終的に決断ができない、こんな情報ってあるの?などお気軽にお問合わせください。 お問合わせはお問合わせフォームに必要事項をご入力いただきましたらすぐにご返信をいたします。

COPYRIGHT©2017 フカフカ留学 AllRights Reserved.