無料留学概算お見積り

滞在期間

通学期間

出発時期

2017年ワーキングホリデービザ申請受付中

今年のワーキングホリデービザはどのような状況になっているのか確認しましょう。 申請しようと思ったらすでに、申請ができないなどとならないように、最新情報を確認しておきましょう。

2017年ワーキングホリデービザ概要

そもそもビザの申請と聞くとものすごい難しいという印象を受けるかもしれません。

しかし、カナダのワーキングホリデービザの申請は意外と難しくないというのが実態です。

ただそもそもの構造を理解していないと、申請してから自分がどのフェーズにいるのかなど分からなくなってしまうので、おおまかなものは覚えておきましょう。

ワーキングホリデービザの構造

カナダのワーキングホリデービザの申請手順は2016年同様2017年も2段階の構造になっています。

1.IEC

2.My CIC

このどちらのフェーズでも申請をして、結果をもらわないといけません。

My CICの結果が最終的なワーキングホリデービザの結果になります。

とても簡単にいうと、IECではワーキングホリデービザの申請資格があるかを審査するもので、My CICでワーキングホリデービザの申請を行うものと思ってください。

つまり2回の結果連絡を待つことになりますので、1回連絡が来たからといって浮かれないようにしましょう。

申請方法(IEC)

IECの申請方法はとても簡単です。

用意するものはパスポートのみです。

2017年2月現在、2017年のIEC申請は受付されています。

IECの申請は難しくないので、始められる方はすぐに始めましょう。

結果が来るまでは個人差があります。

2週間で結果が来る方もいれば、1ヶ月以上かかる方もいます。

ここが抽選となっており、先着順ではございませんのでご注意ください。

My CIC

My CICの申請はIECとは少し違います。

まずIECからの申請結果が記載されたレターを準備しなければなりません。

また、パスポートのスキャンや証明写真なども準備しなければなりません。

このMy CICの許可がおりると、ワーキングホリデービザの許可がおりたということになります。

このMy CICの許可レターを持って入国審査を行うことになります。

現段階での申請について

2017年2月の段階では、すでに数多くのMy CICの許可レターが発行されています。

6,500人の枠に対してすでに、2,500人弱の発行が行われています。

すでに4割ほどが終了しておりますので、今年中に許可をもらいたい方は早めに申請を行いましょう。

カナダのワーキングホリデービザを申請するにあたり使用するサイトもご紹介しておきますので、お気に入りなどにご登録しておいてください。

→ワーホリシロップ

その他ビザの詳細については下記からご覧ください

→観光ビザ

→学生ビザ

→ワーキングホリデービザ

COPYRIGHT©2017 フカフカ留学 AllRights Reserved.