無料留学概算お見積り

滞在期間

通学期間

出発時期

カナダでのフランス語留学のメリット

カナダでのフランス語留学のメリットとデメリット。実際に話しを聞いてみたけどどうなんだろうと感じる方も多いかもしれません。まずはどんなメリットがあるのか見てみましょう。

カナダでフランス語留学のメリット

1.英語とフランス語が通じる

フランス語留学をしようと思えばカナダ以外の国ではフランスに留学するのが一般的です。

しかしフランスはもちろんフランス語が公用語なので、日常的に英語を話しません。

しかし、カナダではフランス語に自信がない方は英語も通じるというメリットがあります。

英語もそんなに話せないから意味がない、と思うかもしれませんがそれでも少しでも英語が通じることでコミュニケーションを取ることができます。

つまり、フランス語初心者の方にはとっても向いている国なのです。

例えばお店でもフランス語がわからなければ、英語でオーダーをすることができます。

とっさの一言が英語で話せるのは嬉しいですよね。

また、フランス語をフランス語で学ぶというのはなかなか大変ですが、英語を交えながらであればニュアンスを多少なりとも理解しやすいというメリットもあります。

2.治安が良い

カナダの治安はとても良いことで有名です。

都市によってもその治安の良さは異なりますが、モントリオールやケベックシティは比較的安全、安心に生活できます。

フランスでは近年テロが相次いでいるため、なかなか生活するという部分では不安になってしまいます。

その点カナダはそういったテロ行為などもほとんどありません。

生活するうえで安心して暮らせるというのは、とても重要な要素です。

何かあってからでは遅いので、より治安の良いところを選びたいですよね。

ただもちろん、海外なので、自分の身は自分で守る努力はしましょう。

夜遅くに出歩かない、荷物から目をはなさないというのは基本です。

どこの国にもそういうった人たちはいますので、注意しましょう。

モントリオールやケベックシティの近づいては行けない場所などもお伝えしていきます。

3.日本人が少ない

モントリオールやケベックシティはカナダの中でも留学先の都市として、ほとんど選ばれることがない都市です。

そのため日本人は少ない都市になります。

語学を学ぶ上で、日本人が少ないというのは非常に大切です。

日本人と一緒にいてしまうと、やはり日本語を使ってしまったり、日本人同士だけででかけたり、ということがあります。

そうすると語学の習得が遅くなってしまうので、できるだけ他の国の人たちと一緒にいることが望ましいです。

日本人をまったく避けるというのもあまりおすすめはしませんが、日本人をうまく使いながら生活するには良い留学先の都市となっています。

さらに現地の人達は非常にフレンドリーなので、フランスのパリよりも楽しく勉強することができます。

メリットまとめ

上記の3つは特に大きなメリットになります。

フランス語圏の都市としてはパリに続き2番目に大きな都市であるモントリオール。

仕事も見つけやすいですし、日本人を受け入れる体制もある程度整っています。

また比較的親日の方も多いため、パリのようによそ者に冷たいという処遇を受けることも多くありません。

また、ケベック州の街並みも他のカナダの都市よりもヨーロッパの街並みに近いため特に女性に人気です。

おしゃれな街で留学してみたいということであればケベック州での留学をおすすめします。

カナダでのフランス語留学のデメリット

ただ物事にはメリットもデメリットもあるので、デメリットもしっかりと確認をしておきましょう

→カナダでのフランス語留学のデメリット

COPYRIGHT©2017 フカフカ留学 AllRights Reserved.