無料留学概算お見積り

滞在期間

通学期間

出発時期

大規模語学学校のメリット

大規模の語学学校は英語を学ぶ環境に適していないと感じる日本人留学生の方が多いようです。今回は大規模の語学学校についてメリットをご紹介していきます。

語学学校選びを失敗するとこんなことに・・・

留学をするにあたり多くの方が迷われるのが、どの語学学校にかようのかということですよね。

できるだけ費用は押さえたい、でも日本人が多くいるところは避けたい。

英語をちゃんと習得するためにはどの語学学校が良いのか、という情報をたくさん収集したいと思っている人も多いでしょう。

日本人留学生はどういうわけか、英語を習得するためには中規模の語学学校が向いていると思われる方がたくさんいます。

そのため、中規模の語学学校には比較的多くの日本人がおり、日本人が少なめと思って入学した後に日本人が多すぎてがっかりするということも少なくありません。

私自身、同じ感覚に襲われたことを覚えています。

日本人が少なめの中規模の語学学校を選択して入学してみると、同じ入学日に日本人が6人もいました。

しかもそのうち4人が同じクラスになるという、日本人だらけのクラスに所属してしまったことを覚えています。

日本人留学生が少ない語学学校を選んだはずなのに、なぜか入学してみると周りは日本人だらけ。

そんなことにならないように、今回は語学学校の選び方についてお話いたします。

その中でも大規模の語学学校の特徴を皆様にご紹介していきます。

意外と知らない大規模語学学校の特徴やメリットを知って、今後の語学学校選びに活かしてください。

大規模の語学学校の特徴

1.クラスの人数とクラス数

大規模の語学学校はなんといっても留学生の数が多いということです。

生徒数でいうとおよそ1,000人を超える大学のような大規模の語学学校もあります。

そのような学校ではなかなか英語が身につかないと感じる方もいるかもしれません。

しかし、大規模の語学学校でも、中規模の語学学校でも、1クラスの生徒数は最大でも15名から16名です。

そのため、大規模の語学学校だから生徒数が多く自分の学べる時間が少ないのでは、というのは誤りです。

夏場は中規模のクラスでも生徒数が多いため、1クラス16名ほどになることも多々ありますので、1クラスあたりの人数が大きく異るということはありません。

大規模の学校で大きく異なることはクラスの数になります。

小規模や、中規模の語学学校ではそれぞれの英語のレベルのクラスが1クラスしかないことが多いです。

しかし、大規模の語学学校では同じ英語レベルのクラスが2クラスや3クラスあります。

クラス数の多いことのメリット

クラス数が多いとどのようなことが良いのでしょうか。

まず同じレベルの生徒が多いため、クラスの中の他の生徒間で英語のレベルがバラバラということがありません。

小規模の学校だと、ある程度の人数を1クラスに入れたほうが効率よく授業ができるため、英語のレベルが大きく異なっても同じクラスに入ることがあります。

そうなると英語のレベルが異なるため、簡単に感じることがあったり、逆に難しいと感じることがあり、授業がつまらなくなってしまいます。

大規模の学校は同じ英語のレベルの生徒が多いため、同じレベルの生徒が同じクラスになりやすいです。

そのためクラスの中で大きなレベル差がなく、簡単あるいは難しいと感じることなく授業についていくことができます。

また、クラスの移動が可能です。

同じレベルのクラスが2つや3つあると、クラスの雰囲気などが合わなければクラスの移動ができることもあります。

クラスによっては国籍の比率などが偏っていることもあったり、講師と合わないと感じる生徒もいたりするため、同じレベルのクラスに移動をすることができます。

それによって、授業に集中しやすい環境を得ることができます。

2.日本人の人数

大規模の語学学校のもう一つの特徴として、日本人の人数の問題があります。

多くの日本人留学生は、日本人が少ない語学学校を希望するというお話は以前いたしました。

大規模の語学学校は日本人も多いため、選択肢に入らないということもよくあります。

ここが実は大規模の語学学校をおすすめするポイントの一つです。

日本人はあまり大規模の語学学校を選ばないということ、そして大規模の語学学校であるがゆえに絶対数は多くても相対数で考えると日本人の割合は少なくなります。

つまり他の国籍の留学生も多いため、日本人の留学生があまり気にならないということも一つの特徴になります。

日本人の絶対数でいうと、おそらく多くなりますが、割合で考えると少ないため、日本人が多く感じることはあまりありません。

クラスも2クラス、3クラスに日本人が振り分けられるので、1クラスあたりの日本人留学の人数が少なくなるということもメリットです。

日本人の割合が少ないことのメリット

大きなメリットはクラスに日本人が集中しないということです。

小規模や中規模の語学学校であれば、同じレベルが1クラスしかないため、一般的な日本人の英語レベルしか持っていないと、クラスに日本人が半分ということもありえます。

しかし、大規模の語学学校であれば2クラス、3クラスあるため、日本人留学生が1クラスに集中せず、分散されるため、結果的に日本人が多くならず英語を勉強できます。

そうなると、日本人の友達もある程度できつつ、他の国籍の友だちを作りやすいため、日本人が少ない語学学校をご希望であれば、大規模の語学学校はおすすめです。

大規模語学学校のまとめ

大規模語学学校というと自分には合わないと敬遠しがちかもしれません。

しかし、学校の特徴をよく知ることで、絶対に大規模語学学校が向いている方もいらっしゃいます。

まずは大規模の語学学校の特徴を知り、自分にあっているのかどうかを見極めましょう。

カナダ留学あなたにおすすめの語学学校の選び方

日本人留学生はどんな語学学校が好き?

COPYRIGHT©2017 フカフカ留学 AllRights Reserved.