無料留学概算お見積り

滞在期間

通学期間

出発時期

【留学前に知りたい】ケベック問題

ケベックは大きな問題を抱えています。カナダからの独立などの問題もあるケベック州。そんな問題のことも留学前には知っておきましょう。

ケベックについて

ケベックはフランスの植民地としてのカナダの中心地となった場所です。

セントローレンス川流域は、ブルボン朝初代アンリ4世のときに、フランス人のサミュエル=ド=シャンプランが1603年から探検を開始し、1608年にフランス植民地ケベックとして建設をしました。

その後、イギリスも北米大陸に進出するとカナダをめぐるイギリスとフランスの抗争が起こりました。

ヨーロッパの七年戦争(1756年〜1763年)に連動して、英仏の植民地抗争である、フレンチ=インディアン戦争(1755年〜1763年)が起こると、1759年にイギリスがケベックを占領しました。

1763年のパリ条約でカナダ全体がイギリス領となり、ケベックもその一部となりました。

1867年のカナダ連邦が成立してその一部となり、ケベック州となりましたが、フランス系カナダ人が現在でも多数を占め、フランス語圏となっており、カナダからのケベック分離独立運動が続いています。

ケベック問題

カナダのケベック州は1603年フランス植民地として成立しました。

フレンチ=インディアン戦争(1755~1763年)が起こり、1759年にイギリス軍に占領されました。

1763年のパリ条約でカナダ全体がイギリス領となり、1867年にカナダ連邦が成立するとその一州となりました。

現在でもフランス系カナダ人が多数を占め、フランス語圏となっており、1960年代から分離独立運動が始まりました。

1980年と1995年に独立に関する州民投票の結果、独立は否決されました。

<関連記事を読む>

【留学前に知りたい】カナダの歴史〜その1〜

【留学前に知りたい】カナダの歴史〜その2〜

【留学前に知りたい】カナダの歴史〜その3〜

COPYRIGHT©2017 フカフカ留学 AllRights Reserved.